福岡から相生道部員のブログ

武道 福岡 相生道

関節について考えてみる

こんにちは、ふくおか相生道です。

 

今回は、立ち関節投げについて考えていきます。

関節を用いる立ち投げは武道の中は比較的ポピュラー術理の一つです。

 有名流派ですと合気道さんとか少林寺拳法さんとか、相撲にも小手返の様な決まり手があるくらいです。

相生道にも、手首・肘・肩から股関節・膝と各種関節の技が揃っています。

 

関節技と聞くと、曲がらな方に力を加える痛い技というイメージを持たれる方も少なくないと思いますが、私なりの関節の考え方を、“極める”と“効かす”という言葉をつかって説明していきたいと思います。


・ふたつの言葉の違いはなにか?
『極める』
簡単に言えば、関節が曲がらない方向や、限界以上に曲げにいく方法が“極める”です。

寝技ですが、腕ひしぎ十字固め等が正にな極める技です。
肩の様な球関節はまた工夫が要りますが、基本的には直線的な動作で掛けることが多い方法です。

『効かす』
関節を使って、相手の骨格に回転運動を作用させることを目的とします。

例えば、手首関節技ならば前腕骨を外旋させる事を目的とします。その回転を肘~上腕~肩へと繋げることで相手の体勢を崩す訳です。

後述で詳しく説明しますが、回転運動を続ける為に関節を“極めきらない”ことが大切です。なので効かすという言葉を使っています。

 

この“極める”と“効かす”の感覚の違いを意識して関節を掛けることが大切になってくると私は思っています。

 

 

では、もう少し具体的な説明をしていきます。
※立ち状態で向かい合い、相手の肘が90度に曲がった状態から、手首関節に負荷をかけるものとします。

 

『極める』
分かりやすいのは、掌を上に向けた状態から手首に掌を重ねるように関節を曲げていけば、関節の限界がきて極まります。問題なのはその後どうするかです。当たり前な事ですが、関節に限界が来れば相手は逃げようとします。 

例えば、上記の関節の掛け方だと、相手は(上から下へ負荷がかかり)手首の間隔が狭くなっていくので、肘の位置を下げる(結果、体も下がっていく)ことで手首の間隔を広げ逃れようとします。
なので、はなから相手が逃げる方向に(この場合は地面の方へ)力を加えることで、抵抗なく相手を崩し投げることが出来ます。

力を加える方向と(=相手が逃げる方向と)相手を投げる方向を合わせてあげる事が「極める」ではまず大切になります。


『効かす』
掌をうえに向けた状態から、その人の可動域の限界まで手首を曲げてください。だいたい90度くらいの角度になるかと思います。
“極める”と違うのはここからの力の加え方です。

負荷を増やし続けるのが極めるならば、負荷を緩めない様に力を使うのが効かすとなります。関節の遊びをなくすことで、前腕へ外旋運動が伝わりやすくなる訳ですね。

状態をキープする為に負荷を掛け続けはするので痛みこそはありますが、関節の負荷そのもので直接投げるのではなく骨格伝いに回転運動で崩すことを目的としているので、相手の逃げる動作がそこまで大きくありません。(痛みや危機感が大きくないからだと思います。)
しかし、骨格の連動を外さないこと、相手の回転(崩しに)合わせて行動することなどの注意点は出てきます。


・まとめ
どちらが良いという話ではなく、技の目的(どう投げたい・崩したいかの目的)によって掛け方も変化させる必要があります。
また、例えば関節に負荷を掛けながら最終的に引いて崩す様な、別の要素が加わるならばそこまで関節に対して神経質にならなくてもお大丈夫でしょう。


最後に
「壊されたくなかったら、飛んで(投げられて)逃げればいい」と、接触後すぐに関節を壊すような掛け方をするのを私は否定しません。
武道の技の成り立ちを考えたら間違いではないですし、やろうと思えば出来る様にしておく必要はあると思っています。ただ、今の世の中には少々向かない考え方であるのは確かです。武道は(相生道は)もう少し柔らかい考えであるべきです。
足運び・体重移動・動きの緩急などなど、その他の柔術の要素をしっかりと行えば柔らかくても技として成立する筈ですし、上記の掛け方にしても…しっかりと崩しておいて最後の一押しに瞬間的な痛みと危機感で煽る、などの様にもう少しマイルドな使い方ができるといいと思います。

 

どうだったでしょうか?ひとえに関節の技といっても工夫次第では色々な掛け方が出来て、技がぐっと面白くなってくるはずです。

ではありがとうございました!

 

技を考えてみるには

こんにちは!ふくおか相生道です。

 

指導員から「技について自分なりに考えてみて欲しい」と言われた事が武道経験者ならばあるのではないでしょうか?
私は先輩から「7考えて、3動く」と教わったことがありますが、やはりまず考える事が大切であるという訳です。ただ、初めの頃は「まだ出来てもいないのに考えようがないし、難しい」と正直思っていました。それも武道経験者ならば一度は思ったことがあると思います。

 

・出来ないなりに考える事は悪い事か?
決してそんなことはありません。むしろ個々のレベルに合った答えを見つけることが大切です。どんどん頭を働かせるべきです。
その時々に自分が納得できればそれでいいのです。そもそも武道の技はそう簡単に分からせてくれるほど優しくはないのですから。笑


・ではどういう道筋で考えるか
○○するだけで技になります。」とはよく聞きますが、よくよく見るとそんな単純ではないのが武道の技です。
例えば、「引くだけ」で技を成立させようとしたら
受け側が、ただ引かれるだけで倒れる状態に既になっている事が多いです。(中には単純なまま成立しているものもありますが、ほとんどが難易度が高いです。)
なので…
普通の状態で構えている相手に対しては、「引く前にいかにして相手の体勢を崩すか?」が大切になってきます。「引く」という様な目的と・「崩す」という様な補助の要素によって(複数の要素で)技は成り立っていると考えて下さい。

 

・実際の技を例に使います。
相生道には、相手の肘と手首を両手で掴み、肘・肩関節をもちいた投げ技があります。
関節の極め・体重を伝える・円運動で回す・弱い方向(線)へ投げる・低い位置へ引き崩す(高低差を利用する)・その他諸々と幾つかの要素があげられます。

 

1:関節の極めを目的とする
肘~肩関節を極める為には、肘の角度を90度(若干狭い程度)に保ちながら相手の腕を回す必要があります。ただ、関節の極めだけで投げるのは少々難しいので補助要素が必要です。
引き崩すのが手っ取り早いのですが引き方に注意が必要です。関節を効かし続ける為には、肘の角度を保つ・回転を効かせ続ける必要があるからです。

なので、手元に直線的に引く様な動作はお勧めしません。肘と手首を平等に真っ直ぐ引くのは少々難しくどうしても肘の角度が開きやすいです。
自分を中心とする円運動を伴いながら引くのであれば、「引く」動作が緩やかになるので上記の様な心配が減ります。

 

2:引き投げることを目的とする
相手の手首をあまり使わずに肘から引き崩すと、相手の腕が広がらずに引きやすくなります。

肘から手元に寄せる事になるので、肘の角度は狭くなります。この時点で「関節を極めるのを目的とするもの」とはアプローチの仕方が変わっていますね。
あとは、どう他の要素を加えるかですが…。例えば、しゃがみながら引くと、体重も乗せやすいですし・高低差でも崩せるので向いていますね。

 

以上の様に、まず目的はなにかを定めてそれを他の要素で補完することで、技の説得力が高まります。


・目的と要素がみえてきたら、極端にやってみる
技を見つめ直す為に、目的となるものを極端に行ってみるのも良いです。

相生道には、「捨て身投げ」という技があります。柔道にも同種の技がありますね。
捨て身投げは「自ら倒れる(身を捨てる)ことで、体重を伝え・勢いを使って投げる技」なので、どう倒れるか」がなによりも大切です。
それに重ねて相生道では、足の使い方・関節の扱い方・投げ終わりの対応等、注意しなければならない形が多々あります。これらを倒れながら意識しろと言うのですから、最初はま~躓きました。初めて苦手意識を持った技だと思います。


しかし「どう倒れるか」を意識的におこなってみると意外とすんなり出来る様になりました。
技の目的となるものとその他の要素では、技に占める比重が違うからです。
足の使い方・関節の扱い方・投げ終わりの対応等も勿論大切です。これらがないと技の説得力は甘くなります。ただ、例えば足使い方が完璧だったら相手を投げられるのか…?まず無理です。逆に、足の使い方が甘かったとしても倒れ方を意識して体重を乗せることが出来れば、相手を投げることは出来ます。

 

・最後に
稽古中に習った「正しい技の形」があると思います。それを是非とも大切にして下さい。目的と補助と、それらの組み合わせのバランス感が重要だからです。
技についてあれやこれやと自分なりに考えを巡らせる事は、とてもタメになりますが最終的には習った形に立ち帰ってみることがなによりも大切だと思います。

 

では以上となります。
ありがとうございました。

 

相生道の普段の稽古って?

こんにちわ、ふくおか 相生道です。

 

今回は普段の稽古について、ご紹介させていただきます。 

では早速ですが…

 

・稽古日時とか

日時:毎週日曜日 10時〜11時頃に1時間程度

場所:福岡市民会館 4階柔道場 (福岡市スポーツ協会 福岡市民体育館・プール

※人が増え環境が整ってきたら、決まった稽古時間・また平日の夜の稽古や稽古時間の延長等も考えてはいます。

ちなみに、東京と愛知にも拠点がありますのでそちらも是非!

 

少しでも興味を持たれた方は遠慮なく…
アドレス:kyuusyuu.souseido@gmail.com

 

 

・稽古時の格好について

相生道は、上が道着下が袴って格好です。袴を履いているのでたまに合気道さんと勘違いされます。「蹴りもされていたので合気道…?と疑問に思っていました」なんて方もいらっしゃいました。

ただ、最初は動きやすい格好であればジャージ等で十分です。蹴りがあるので足を広げやすい緩さがあればなんでも問題は無いです。

道着袴にかんしては続けてもいいかな?と思えてきたら用意頂ければいいと思っています。

上にある道場で、道着と袴で蹴り技をやっている人間を見かけたらお気軽にお声掛け下さい。たぶん私です。

 

 

・普段の稽古内容

その時々で内容は考えていきますが基本的には下の様になります。

準備運動
受け身練習
基本の突き蹴りと投げの数練習
二人一組での練習
約束組手

基礎を繰り返した後に人相手にしっかりと確認するって感じですね。

ですが、毎回同じ稽古内容でも代わり映えがありませんので
例えば、数をこなす事を中心に行ったり・理解を深める為に技を分解しながら説明を行ったり・ゲーム性を強めて行ってみたりと稽古内容の幅はなるべく広くおこなっていくつもりです。
基礎を大切にはしつつ、楽しめる飽きない稽古!を目標に…

 

 

・実際にどのくらい動くのか?

運動を始めようかと考えている人にとって気になることは「実際にどのくらい動くのか?」ではないでしょうか?

ずはり、相生道はそれなりには汗をかきます。突き蹴り等がありますので

例えば上に書いた基本の数練習で、左右各10本ずつ×10種を行なったとします。それに対人での練習が乗っかりますのでそこそこは動きます。
投げはしっかりと受け身をとりますので単純に立ったり寝たりの動作が多いです。全国大会出場を目指す運動部なんかと比べたらまだまだ可愛い運動量かもしれませんが…笑

 

ただ、マイナー流派ならではの強みかと思いますが、武道(運動)未経験の方でも始めやすい環境なのではと思います。なぜかと言いますと、まだ広まってない故にみんなが相生道初心者からのスタートで未経験者に伝えることの経験が指導員には多いからです。

私が所属していた大学でも武道経験者と運動未経験が入り混じって稽古しておりました。私自身もそれまで運動とは離れた生活でしたが、気がついたら8年目です。続くものですねぇ。また愛知にある道場では中学生から始めている人もいます。 

 

 

最後に
私自身ただ厳しいだけが武道とは思っておりませんし、なるべく色々な人にも楽しんで貰える環境作りをしたいと考えています。

年齢性別運動歴等々気にさず興味を持たれたら是非ご一報下さい。
体験、見学(今はひとりなので見せれるものに限界がありますが…)などなど喜んで受けますのでどうぞ!

相生道とは?

こんにちは、ふくおか 相生道です。

 

私が所属している 相生道(そうせいどう)についてご紹介させて頂きます。

相生道、非常に歯がゆい思いですが…聞いた事がある方は殆どいらっしゃらないでしょう
初対面の方に「あ~…聞いたことがある気がします」と気を使わせてしまって、申し訳ない気持ちになることが何度かありました。(悲)
そんなどマイナーな相生道ですが、技術体系的にやりがいのある良い流派であると私は断言させて頂きます。

 


・相生道について 歴史
相生道を一言であらわすと古武術を大元に持つ比較的新しい現代武道の流派」となります。古いのか、はたまた新しいのか、非常にややこしい感じです…

元々は、江戸時代初期に興った武器術を中心とする古武術の流派でした。その時々の宗家が移り行く時代に合わせて新しい技術を増やし発展していった流派だと伝えられております。そんな流派が、今から30年ほど前に「古流のままではなく現代社会に沿ったかたちで新しく流派を再編しよう」と考えられ完成したのが相生道となります。
故に、古くて新しいのです。

 

古流とは異なり相生道は徒手の流派ですので、普段の稽古の中では武器術は行いません。
ですが、古流に触れる機会も大切だと、大学の部活動などでは演武大会等の時に武器演武も行う様にしています。
私も、大学から始めた身なので、何度か武器術の経験はあります。いずれ経験談含めて記事に出来ればと考えています。「武器術も専門に出来ます!」とはとてもとてもまだ言えませんが…ガンバリマス。

 

 

・相生道について 技術
次は、相生道がどんな技をおこなうのか紹介します。例えば、他流派さんを思い浮かべて頂くと

空手ならば、突いて蹴る
柔道ならば、投げて抑え
合気道ならば、極めて投げる

といった風にそのイメージがぱっと思いつくかと思いますが同じ様に相生道を表すと…

 

突いて蹴って当身をし投げて抑えて極めて投げて、たまに武器を振る流派

って感じになります。やたら多いですね…それが楽しいのですが内部にいる私から見ても固定のイメージが出しづらいのが相生道です。


突きや蹴り等の打撃系の技を剛手(こわて)、投げや抑え等の柔術系の技を柔手(やわて)と言い表すのですが、剛手も柔手も技はバランスよく学んでいくことが大切であると相生道では説いております。ゆえに、突いて蹴っ…以下省略の流派となるのです。

剛手(こわて)も 柔手(やわて)基本の技が各10本あり、その10本を中心に普段の基礎稽古を行なっていきます。人と技を掛け合ったり、空手さんみたく突き蹴りを回数行ったりですね。また、基礎からの応用の技・別の原理を使った技などを経験に合わせて徐々に増やしていき学んでいきます。
特に、相生道は柔手の種類が多い流派なのではと思います。(他の流派さんを詳しく知っている訳ではないので私の知識の範囲はですが…)ざっとあげますと、立ち投げ、捨て身投げ、担ぎ投げ、円運動による投げ、関節抑え、立関節技、絞め技などなど色々な柔手の技を学ぶ事が出来ます。

 


最後に
相生道は比較的、技の数が多い流派であると思います。
なので多いなりの苦労が正直あります。ですが、その分目標を持ちやすくかつ色々な武道の要素に触れる事が出来るので、楽しくやりがいのある流派です。
私も楽しめる稽古を第一の目標にしながら、日々上達できる稽古組みをしていきたいなぁと思っています。
簡単な説明となりましたが今回は以上とさせて頂きます。

では、ありがとうございました!